安心安全を第一に、電動ベッドを中心とした医療・介護用製品を製造・販売 | 医療・介護用ベッドメーカー

 HOME > お知らせ一覧 > シーホネンスが2015年度グッドデザイン賞を受賞

Notice
お知らせ

シーホネンスが2015年度グッドデザイン賞を受賞

和夢 彩がグッドデザイン賞を受賞

審査員コメント

在宅介護での使用を目的とした介護ベッド。
製品と関わる人々へのソリューションが多く盛り込まれ開発された製品。
高齢者の誤嚥リスク軽減やベッドの通気性の確保、ノックダウンさせ一人でも搬入できる手軽さ、
利用者の身体のサイズや設置環境を考慮した省スペース設計。
垂直昇降高も高く取り介護者の腰痛リスク軽減
介護作業の利便性を考えた工夫など細やかに検討されている。
今の在宅介護について真摯に向き合う姿勢を評価し、
今後も近い未来の介護問題に役立てて欲しいと願う。

「和夢 彩」3つの特徴

  • 誤嚥リスクを軽減「ヘッドレスト機能」
  • 腰を曲げる介助作業を軽減「業界最高床高」
  • 認知症対策「手元スイッチロック機能」
誤嚥リスクを軽減「ヘッドレスト機能」

業界初のヘッドレスト機能により頭部を30º傾けることができ、飲食の際の誤嚥リスクを軽減します。
誤嚥を防ぐことにより、誤嚥性肺炎の予防が期待できます。また、口腔ケアも格段に行いやすくなります。

誤嚥リスク軽減する「ヘッドレスト機能」

腰を曲げる介助作業を軽減「業界最高床高」

上昇時の最高床高は、業界最高の「67.5cm」。
ベッド上での着替えやおむつ交換など、立ち姿勢での腰を曲げる介助作業を極力軽減しました。

腰痛負担を軽減する「業界最高床高」

認知症対策「手元スイッチロック機能」

手元スイッチに搭載されている2種類のロック機能(@全操作ロック A高さのみロック)により、誤操作による事故発生のリスクを低減することができます。
操作が理解できないと思われる方(小さなお子さまや認知症の方など)がベッドを操作する可能性がある場合にご活用ください。

認知症対策「手元スイッチロック機能」

当社では今回の受賞を契機に「和夢 彩」の販売拡大を図るとともに、
より一層みなさまのお役に立てる商品の開発に努めてまいります。

2015年9月29日
シーホネンス株式会社