安心安全を第一に、電動ベッドを中心とした医療・介護用製品を製造・販売 | 医療・介護用ベッドメーカー

  HOME > お客様サポート > お役立ち情報 > マットレスの選び方

customer support
お客様サポート

マットレスの選び方

マットレスは動きやすさや床ずれ防止、寝心地など、ご利用者さまの状態や状況に合わせて選ぶことが大切です。

マットレスにはご自分で寝返りが打てる方に適した(1)一般的なマットレス と、床ずれを防止するための(2)体圧分散型のマットレス があります。

そのほか、通気性・通水性に優れたムレにくく快適にお使いいただける通気タイプや、側地に汚れが付着しても清拭が可能な防水タイプもあります。

(1)一般的なマットレス

支援用具があれば日常生活が可能な方には、硬めのマットレス

自分で寝返りや立ち上がりができる方には、適度に硬さのあるマットレスで身体の沈み込みが少なく、立ちあがりやすくなります。

(2)体圧分散型のマットレス

ほとんどの動作に支援が必要な方には、やわらかめのマットレス

自分では寝返りができない、長時間寝ている方には、体圧分散性の高いやわらかめのマットレスで床ずれリスクを軽減することが必要です。

床ずれ(褥瘡)とは

日本褥瘡学会では、床ずれ(褥瘡)の定義を、
「身体に加わった外力は骨と皮膚表層間の軟部組織の血流を低下、あるいは停止させる。この状況が一定時間持続されると組織は不可逆的な阻血性障害に陥り褥瘡となる。」
と定められています。

少しばかり難しい言葉が並んでいますので、解りやすく解説していきます。

地球にいる限り、私たちは常に重力の影響を受けています。
つまり、身体が床面に接する部分が体重を支えています。

仰向きに寝た場合、加重がかかる部分/床ずれになりやすい場所

体重を支えている部分にかかる圧迫力やずれ力が毛細血管の流れをせき止めると、細胞は酸素や栄養を受け取ることが出来なくなります。

健康な状態の人であれば、細胞が壊死する前に不快感や痛みを感じ、自力で身体の向きを変えることができるので、つぶれていた毛細血管に新鮮な血液が流れ、細胞が壊死することはありません。

しかし、感覚が鈍くなって気付かなかったり、自力で体位を変える力が十分でない人は、一夜にして褥瘡が発生してしまいます。

床ずれ 圧迫力やズレ力が毛細血管の流れをせき止める

シーホネンスのマットレス

製品名 タイプ 説明
通気タイプ 通気性の高いポリエステル製。
独自のダブルウェーブ構造で硬めでへたりにくく、寝返り時の安定性に優れています。
通気タイプ 通気性の高いポリエステル製。
独自のダブルウェーブ構造で硬めでへたりにくく、寝返り時の安定性に優れています。
通気タイプ

ハードフェイス面

通気性の高いポリエステル製。
独自のダブルウェーブ構造で硬めでへたりにくく、寝返り時の安定性に優れています。

ソフトフェイス面

通気性が高いウレタン製の素材でムレにくく、体圧分散性の高いやわらかいマットレス。

防水タイプ ほどよいやわらかさの高反発ウレタンフォーム。
適度な硬さで寝返りをごく自然にしやすい快適な弾力で身体を安定して支えます。
防水タイプ 床ずれ防止用具
シーホネンス独自のオリジナル構造で体圧分散性の高いウレタンフォームマットレス。
広く硬いサイドエッジは起居動作・移乗動作が安定して行えます。

シーホネンスマットレス一覧