安心安全を第一に、電動ベッドを中心とした医療・介護用製品を製造・販売 | 医療・介護用ベッドメーカー

  HOME > お客様サポート > ベッド付属品 選定理由/留意点

customer support
お客様サポート

ベッド付属品 選定理由/留意点

特殊寝台の機能を生活の中に生かすためには、選定する方とご利用になる方とのコミュニケーションがとても大切です。

身体の状態と使用環境に合わせて特殊寝台と付属品を選び、さらにご利用になる方に留意点をきちんと説明していただくようお願いします。

サイドレール

選定理由
1.

 通常型サイドレールを選ぶ場合
ご利用者さまの転落を予防したい
寝具のずれ落ちを防ぎたい

2.

 セーフティーサイドレールを選ぶ場合
背上げ時に体の一部が挟み込まれるのを防ぎたい
(麻痺、認知症対策)
背上げ状態でのベッド上長座位時に、身体のズレ落ちを防ぎたい

留意点
  • サイドレールは体重を支えるように設計されておりませんので、 移乗動作の際に手すり(介助バー)としてはご使用にならないでください。
  • サイドレール間や介助バー、ヘッドボード・フットボードとの隙間に身体の一部、特に頭や首など入り込まないよう、十分にご注意ください。
  • 背上げ時に、サイドレールや介助バーに手足や布団、物などの挟み込みがないかご注意ください(掛布団等を使用の際には、見えにくいので、特に注意して下さい)。
  • サイドレールの保管時は、ベッドの真下に入れないようご注意ください。
  • ウレタンマットレスなどを使用した場合、通常のマットレスより厚みが増しますので、サイドレールを乗り越えて落下しないようご注意ください。
  • サイドレールの組合せや差し込み方向など詳細は取扱説明書をご確認ください。
シーホネンスの特徴/
製品紹介

マットレス

選定理由
1.

 硬めのマットレスを選ぶ場合
端座位の安定性、自力での起居動作がしやすいよう、硬めのマットレスを選定

2.

 軟らかめのマットレスを選ぶ場合
痛みに敏感なため、緩和できるよう軟らかめのマットレスを選定
体圧を分散して床ずれの予防を図る

3.

 ポリエステル繊維マットレスを選ぶ場合
ムレ、湿潤対策として通気性、通水性の良いポリエステル繊維のマットレスを選定

留意点
  • マットレスの上には、通気性の低い布団ではなくベッドパッドのご使用をお勧めします。
  • 背上げ・脚上げ動作や端座位を取った際に、ずり落ちる危険性がありますので、布団は使用しないでください。
シーホネンスの特徴/
製品紹介

ベッド用手すり(介助バーなど)

選定理由
1.

 起居動作の際に、何かにつかまらないとできないのでベッド用手すり(介助バー)を選定

2.

 ポータブルトイレ、車椅子への移乗をスムーズに行いたい

3.

 寝返り、起き上がり動作の誘導を行い、立ち上がりの際の支えにしたい

留意点
  • 各部のロックが掛かっているか、ベッド本体にしっかりと固定されていることをご確認ください。
  • サイドレール間や介助バー、ヘッドボード・フットボードとの隙間に身体の一部、特に頭や首など入り込まないよう、十分にご注意ください。
  • 背上げ時に、サイドレールや介助バーに手足や布団、物などの挟み込みがないかご注意ください(掛布団等を使用の際には、見えにくいので、特に注意して下さい)。
  • 製品が破損する恐れがありますのでロックが掛かった状態では、グリップを動かさないでください。
  • サイドレールとの組合せや差し込み方向など詳細は取扱説明書をご確認ください。
シーホネンスの特徴/
製品紹介

テーブル

選定理由

 ベッド上での食事介助を行いたい

留意点
  • やけどなど思わぬ事故の原因になりますので飲食物を置いたまま、ご利用者さまのそばを離れないようにしてください。
  • 製品の耐荷重(15kg)以上のものを載せて使用しないでください。
  • 転倒の危険がありますのでテーブルに手をついたり、 寄りかかったりしないよう十分にご注意ください。(運搬には不可)
  • 背上げ直後に、必ず背抜き介助を行ってください。
    ※嚥下リスクの軽減にも繋がります
シーホネンスの特徴/
製品紹介