安心安全を第一に、電動ベッドを中心とした医療・介護用製品を製造・販売 | 医療・介護用ベッドメーカー

bed sensor / watching care robot
離床センサー/見守り介護ロボット

ベッド内蔵型離床センサー

iサポート

より安全な
療養環境の実現へ

ベッドをお使いの方の起き上がり・離床等の状態を検知してナースコール に通知するベッド内蔵型の離床センサーです。
「iサポート」を適切に利用することにより、より安全な療養環境の実現と、介護者の負担軽減が期待できます。

対象シリーズ:SXシリーズ/AXシリーズ

離床センサー iサポート

製品機能・特徴

ベッド内蔵センサーがご利用者さまの状態を検知

ベッドに内臓されたセンサーでご利用者様の状態を検知し、ナースコールに通知します。

ベッド内蔵型離床センサー「iサポート」システム構成図

 病院や施設等の設備によっては分岐ボックスが必要無い場合があります。

アラート設定はボタン1つでカンタン

センサーの設定は、操作コントローラーの4つのボタン(起き上がり・起き上がり[感度弱]・離床・離床10分後)から1つを選んで押すだけ。

体重の入力や、ご利用者さまがベッドに戻った際の再設定も不要です。

ベッド内蔵型離床センサー「iサポート」アラート設定(手元スイッチ)

1. 起き上がり

ご利用者さまが起き上がったタイミングで通知します。

通常の「起き上がり」モードと、「起き上がり 感度弱」モードを搭載。
ご利用者さまに合わせて設定する事で、誤報率の減少に繋がります。

ベッド内蔵型離床センサー「iサポート」起き上がりモード

2. 離床

ご利用者さまがベッドから完全に離床した時に通知します。

ベッド内蔵型離床センサー「iサポート」離床モード

3. 見守り

ご利用者さまがベッドから離床して10分後に通知します。

ベッド内蔵型離床センサー「iサポート」見守りモード

誤操作を防止するロック機能

操作コントローラー裏面のロック機能を活用する事で、意図しない設定変更や電源の切替を防止します。

ベッド内蔵型離床センサー「iサポート」手元スイッチ ロック機能

ベッド内蔵型離床センサー「iサポート」手元スイッチ ロック機能

高い検知率を実現

iサポートは、ベッドのあらゆる使用パターンによる検証を行った結果、高い検知率を実現しました。
シンプルな操作性ながら、より正確な検知判定が可能です。

ベッド内蔵型離床センサー「iサポート」検知率

夜間でも安心の足元灯(オプション)

ご利用者さまがベッドから離床した時に点灯します。
足元を照らすので夜間のトイレの際なども安心。
ベッドに戻ると自動で消灯するので再設定は不要です。

ベッド内蔵型離床センサー「iサポート」足元灯

この製品を閲覧された方は
こんな製品も見られています

カタログ請求

ショールーム予約
To Do studio予約
[体験型ショールーム]