安心安全を第一に、電動ベッドを中心とした医療・介護用製品を製造・販売 | 医療・介護用ベッドメーカー

  HOME > 導入事例・お客様の声

Case Study ・ Customer's Voice
導入事例・お客様の声

導入事例・お客様の声

導入事例一覧

医療施設
高齢者ケア施設

シーホネンス製品に寄せられたお客様の声

『ヘッドレスト機能』に関するお客様の声

ヘッドレスト機能とは

閉じる

閉じる

  • 食事及び口腔ケア時には、枕+三角クッションを用いて行っていたが、ヘッドレスト機能により、安定して介助できるので良い。
  • 常に頭を上げて欲しいとの訴えが多い方なので、ヘッドレスト機能を使用することで上身全体をそれほど上げなくても納得され、安楽なポジションが保てます。
  • 目線が前向きになり、視線を合わせやすい。
    認知や意識障害のある患者さんにも有効な機能だと感じています。
  • 後傾のある寝たきり状態の患者さんに、これまでクッションを詰め込み調節していたが、クッションを減らしヘッドレストで対応したところ、きつそうな感じがなくなりました。
  • 本を読むときや、TVを見るときにも便利。
  • 寝たきりになると顔が上を向いて口が開いた状態になってしまい、頸部が拘縮し、症状が悪化すると首を曲げられないという症状が起こります。
    頸部収縮のリハビリや食事の際、手のひらで後頭部を抑えるのは不安定になるため、結果として頸部の過緊張を促してしまう可能性があります。枕やクッションにおける補正に関しても、それらの固定が十分でないと時間の経過とともに姿勢が崩れてしまい、これも過緊張を促してしまいます。安定した姿勢を保てるヘッドレスト機能は、頸部硬直の患者さんに有効な機能だと感じています。
  • 妊娠中、ベッドの背床を上げるとお腹が窮屈で高い位置まであげられなかったが、ヘッドレストを使えば前を向いてTVも見やすく、家族やお見舞いの方とも楽な姿勢で会話ができました。
  • 現状ベッド上で食事をしている方は首が硬直している方が多く、一度、頭を抱えて枕やポジショニングクッションを入れるのに大変苦労していました。そのため、ヘッドレスト機能を利用する事で介護負担軽減になっています。
  • 頭頸部が固く調整が困難な場合、マットレスの下にタオルを入れて頭頸部角度を軽度屈曲位にしていたが、ヘッドレスト機能を利用することで簡単に必要な角度にすることができるので役立っています。

『省スペース設計/垂直ハイロー』に関するお客様の声

垂直ハイローとは

閉じる

閉じる

  • 病室が狭いので有効!
    コンパクト設計+垂直ハイローで車椅子が通りやすく、生活動線が広がりました。
  • エレベーターにも乗せやすく快適です。
  • 壁を壊す心配が減って安心。
  • OP室前などのベッドが複数台集まる場所でも、従来より省スペースでおけるので良い。